名探偵コナン 北九州・光と海の道 ミステリーツアー 名探偵コナン 北九州・光と海の道 ミステリーツアー

ストーリー・キャラクター Story & Character ストーリー・キャラクター Story & Character

Story & Character Story & Character

意識不明の社長、専務を脅迫する落書き...
いったい誰が何の目的で!?

『ベスト探偵アワード』授賞式のため、小倉を訪れた小五郎たち。警視庁時代の先輩・深町が社長をつとめる会社に立ち寄ると、彼はケガを負い意識不明だという。さらに専務の桐山を脅迫する落書きが見つかり、小五郎は調査を依頼される。容疑者に浮上したのは深町社長の息子・虎彦。しかし、コナンが推理した真犯人は…(物語はフィクションです。)

江戸川コナン 毛利蘭 毛利小五郎 江戸川 コナン CONAN EDOGAWA 見た目は子供だが、その正体は、謎の黒ずくめの男達に毒薬を飲まされ、小学生の体になってしまった高校生名探偵・工藤新一。警察もお手上げの難事件を次々と解決するほどの頭脳の持ち主。 毛利 蘭 RAN MORI 新一の幼なじみ。突然いなくなってしまった彼の帰りを待っている。時にはコナンの名推理に、新一の面影を重ねることもある。空手が得意で都大会でナンバーワンの実力を誇る。 毛利 小五郎 KOGORO MORI 蘭の父で、警視庁捜査一課の元刑事。現在は探偵事務所を開業していて、コナンの名推理のおかげで、「眠りの小五郎」として活躍している。